読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perlの基礎(スカラ〜変数、演算子)

スカラー変数、演算子


スカラー変数を定義する時のルール

  • 英字で始める事。数字からスタートできない ◯ $abc$123
  • アンダースコアはOK。ハイフンはダメ ◯ $abc_123$abc-123
  • 変数への代入は整数、浮動小数点数、文字列を代入できる。文字列はシングルクォートかダブルクォートで囲む。
    $x = 1; $z = 3.1415; $a = "Hello";

print関数で出力してみる

  • 文字列を出力 コード例
$str = "りんご";
print "これは$strです\n";

> これはりんごです
  • 整数を出力 コード例
$weight = 65;
print "私の体重は$weightkgです\n";

とするとエラーとなる。変数$weightと文字列kgを繋げて解釈してしまう為。

$weight = 65;
print "私の体重は" . $weight . "kgです\n";

> 私の体重は65kgです

上記のように連結演算子のドットで文字列と変数を繋げて表示するか

$weight = 65;
print "私の体重は${weight}kgです\n";

> 私の体重は65kgです

このように変数展開し表示する。

スカラー演算子


Perlでは他の言語と同様に算術演算子が使用できます。 コード例

$a = 1;
$b = 2;
print $a + $b, "\n";

> 3
$a = 5;
$b = 2;
print $a % $b, "\n";

> 1

文字列演算子(連結)

$a = "ABC";
$b = "DEF";
print $a . $b , "\n";

> ABCDEF

文字列演算子(繰り返し)

$c = "ABC";
$d = 3;
print $c x $d, "\n";

> ABCABCABC

参考サイト


Perl基礎入門| KentWeb